レディー

綺麗な肌は毛穴からつくる【正しいケア方法を学ぼう】

メカニズムと改善方法

ウーマン

毛細血管が原因

ニキビを治したあとも赤くなってニキビ跡として残ることがあります。この原因はニキビが悪化しているからではなく、むしろニキビによるダメージを毛細血管が修復しているからです。毛細血管はもともと赤い色をしていることに加えて、ダメージを修復するために集中化することでそのニキビができていたところが赤くなるわけです。これがニキビ跡の赤みのメカニズムです。この赤みのあるニキビ跡を放置しておく人が多いのですが、完治させるのはこのときです。実は、赤みのあるニキビ跡はまだまだ初期症状のため、きちんと対策をすればすぐに治るのです。しかしながら、放置しておいたままだと後になって治療しようとしても時間がかかります。そのため、できるだけ早期にスキンケアをすることが大切です。ニキビ跡の赤みを消すためには、ビタミンC誘導体が配合された化粧品を使うと効果的です。肌のターンオーバーを促して角質層を生まれ変わらせることが大切なのです。ニキビ跡があるのは毛細血管が働いているからです。そのため、ダメージを回復させる必要がなくなれば毛細血管は集中化せずに赤みはなくなるというわけです。したがって、ビタミンc誘導体の美容液や乳液を肌に塗布して肌を回復させてあげましょう。また、ピーリング石鹸を使って洗顔をすることもおすすめです。古い角質層が洗い落とされて同様の効果をもたらします。これは非常にお手軽です。こうしたスキンケアを繰り返していくと、徐々に赤みがなくなっていきます。